社会的にも夫婦であるとしなければなりません

浮気されたら慰謝料を貰って、離婚になる。
ドラマなどでは、一方的に男性が悪者になっていますから、無理もありません。
しかし、現実の法律も、結婚という社会制度も、浮気という反社会行為も、明確に基準が決められています。
これらの基準は、最高裁判所が指針として、打ち出しているもので、裁判実務の大勢も、この基準に従っています。
そのうちの1つ目が、配偶者以外との、複数回に及ぶ、自由な意思での、肉体関係、要は性的な接触があったことです。
まず、配偶者とはパートナーのこと。
つまり、男から見れば妻、女から見れば夫ということになります。
配偶者として認定されるためには、ちゃんと役所に婚姻届を提出し、法律的、社会的にも夫婦であるとしなければなりません。
原則として、結婚していないカップルは、お互いは彼氏彼女であり、夫と妻ではありませんので、不貞行為とは言いません。
但し、例外として、婚姻届を出していない事実婚ある場合と、既に婚約を交わしている場合には、適応することが出来ます。
配偶者以外であっても、性的サービスを行う店舗でにおける行動というのも、浮気とは判断され難いので注意が必要です。
次に、自分の意思で行ったことかどうか。
例えば、酩酊状態で判断能力が不十分である場合や、本人の承諾なしに性交を強いられたような場合は、浮気は不成立。
ちゃんと自分の意思で、自分の行動で、相手との情事に及んでいることが重要です。
そして最後に、性的な接触があるかどうか。
ここの部分が一番重要となってきます。
しかし、この重要な部分に関しては、非常に解釈が分かれています。
どこからが性的な接触になるかは個々の事例に基づいて判断され、
性的な接触ではないと判断された場合は、浮気ではない、つまり慰謝料を請求する事が出来ないので注意しましょう。
非常に、後半二点については立証が難しいです。
確固たる証拠がなければ、幾らでも誤魔化されることを覚悟しておきましょう。

関連記事: