店側は絶対に提供してはなりません

世の中には、風俗というものがあり、それを利用している人たちも居ます。
さてさて、風俗に通うことは、浮気に当たるのか、どうなのか。
それを考えていいましょう。
では、その前に、重要なことを一つ。
そもそも、風俗って何をするところなのかということです。
女性には馴染みがないので仕方ありませんが、風俗にもちゃんと風俗営業法や売春防止法という法律があり、規制がされています。
この法律の関係で、日本国内における風俗では、性交のサービスは禁止され、店側は絶対に提供してはなりません。
但し、それ以外の性的サービスの提供は、厳しい法的な目の下で、認可されているものと思ってください。
しかし、本番行為が行われている店舗というのも、ごく少数ですが、確かに、存在しています。
また、提供していない店でも、勝手に提供しているという風俗嬢がいないわけでもありません。
この当たりは、店は一切関知していない。
嬢が勝手に自分で判断して、自分で行っていることであるという建前になっています。
店に対しても、摘発のしようがありません。
所属している人間が、自分の意思で、自分で勝手にしたことまで、店側の責任は追及できません。
法律的に使われる、性的関係という言葉は、裁判所の判断基準としても使われています。
しかし、具体的に、どのラインまでを意味するのかはまでは、非常に判断が分かれ、具体的な基準があるわけではないのです。
このような、風俗店における性的なサービスは性的関係といえるのかどうか。
言うなれば、本番行為であったとしても、売買契約に基づくサービスの一つなのだと言われてしまえば、それまでの話であると片が付いてしまうのです。
男性は金の対価に、風俗嬢はサービスを行う。
これは、不倫関係ではなく、契約に基づく、一つの売買であるので、そもそも不倫は成立していないと捉えるというのも、一つの判断です。
不倫の相手にはお金を請求することができますが、この相手が風俗嬢の場合、これは非常に難しい。
相手方は、妻子持ちなのかどうかは知る余地もなく、知る方法も無く、何より商売なのですから、夫婦関係を壊す目的も無い。
商売ということを越えない限り、慰謝料の請求権は発生せず、誰に対しても、責任を負う事はないと思いましょう。

関連記事: