確認できることが重要です

パートナーが浮気をしていたならお金を取れると考える人は多いでしょう。
何せ、ドラマなんかたいてい、そういう話です。
彼氏が浮気して、彼女が許せないと怒鳴るシーンなんて、腐るほどに見ている人も多いでしょう。
しかし、少し待って欲しい。
現状の二人の交際状況次第では、ちゃんと慰謝料が取れる場合と、請求権すら発生しない場合、大きく二つがありえるのです。
所謂、彼氏・彼女の関係、恋人同士の関係というのは、法的には何ら保護されません。
法律の枠組みは、あくまでも「社会的」「法律的」な関係を築いているということが絶対なのです。
何年付き合っていようが、社会的な責任を伴う契約が無い限りは、保障されないので注意しておきましょう。
ここから一歩進んで、一緒に暮らしてたりはしないけれども、結納を交わした、婚約指輪を交わしたなどの場合。
これは、法律的には、婚約状態として保護の対象となります。
交わした婚約を破棄することも、慰謝料を請求することも可能です。
但し、本人同士の口約束ではなく、例えば、両家に挨拶に行っているとか、婚姻届を書いているなどしていることが条件です。
つまり、第三者がちゃんと結婚の意志が本人たちにあると確認できなければ、慰謝料を請求することは困難であると覚えておきましょう。
では、内縁の場合。
最近、役所に婚姻届を提出していない、けれども、他人から見れば結婚しているとしか思えない、
所謂、事実婚関係の夫婦というものが増えています。
法律的には、これを内縁関係と呼び、他とは区別しています。
内縁関係であることが認められると、普通の婚姻届を出している夫婦同様に不貞行為による精神的な損害金を請求できます。
但し、これも、ちゃんと結婚していると言える状態にあるかどうかが、確認できることが重要です。
内縁であったり、結納状態であったりする場合は、注意しておきましょう。
これは、第三者の目が非常に重要になります。
ただ付き合っているという状況であれば、慰謝料はありません。

関連記事: