破綻しているから浮気に走ったのか

慰謝料を取るための条件の三点目が、浮気が始まった時点で、夫婦関係が破綻していないことです。
非常に、重要なのですが、浮気が始まったから、夫婦関係が破綻したのか、破綻しているから浮気に走ったのか。
そのどちらかであるというのは、非常に重要な問題なのです。
因果関係次第では、慰謝料がないかもしれません。
では、夫婦関係の破綻とは、一体、どのような状況なのか。
それを解説しましょう。
ようは、本来、夫婦で行うべき事をせず、一切、家族行為が二人の間に無い状況のことを指します。
このような状態に陥っているならば、既に保護されるべき家庭生活の平穏は、消滅しており、侵害されていないと判断するのです。
より、具体的に言うならば、現在、判例として問題になっているのは、別居状態で、たびたび離婚の話も出ていたような場合です。
この状態では、離婚も秒読みの段階で浮気をしたとしても、夫婦関係における侵害も存在していません。
しかし、別居していたからといって、必ずしも破綻と認められるわけでもありません。
逆に、同居していても、破綻状態と認められる場合もあります。この当たりは、非常に判断が難しいといえるでしょう。
夫婦の営みが非常に回数として少ない、会話が存在していない、別居状態であるなど。
判断する基準としては、明確に出来るものが少なく、この判断は、難しいといわざるを得ません。
確実視される判断基準として、お互いの価値観の相違などから、金銭面でトラブルがあったなどということがない限りは、夫婦関係が破綻しているとは、考えられにくく、また、証明もし難い問題でしょう。
破綻しているかどうかは、係争において非常に重要な争点ですが、同時に難しいものです。
記録があるならば、その記録でもって、証拠といたしましょう。

関連記事: