どういうものか

相手が浮気をしたら慰謝料を取れるから、”まだ離婚をしない”と中々あくどい事を考えている人は意外と多いよう。
ただ、そんなことを考える人は、既に結婚生活が破綻している場合が、多いでしょう。
例えば、別居中であるとか、
旦那はほとんど家に帰ってこないとか、他にも、破綻していると言われるような状況は、数多く存在しています。
大原則として、浮気をされてしまった被害者は、そのパートナーと浮気相手に対して、慰謝料の請求が可能です。
浮気したパートナーには、婚姻生活の破綻原因として、浮気相手には、夫婦の婚姻関係の平和維持侵害として。
但し、浮気相手が、浮気であると知らない場合は、請求が出来ないので注意しておきましょう。
しかし、浮気が発覚するより先に、夫婦の関係が、浮気の時点で既に壊れていたら事態は変わってきます。
既に、婚姻関係は破綻しているのですから、パートナーにたいして浮気=婚姻生活の破綻であると請求はできず、浮気相手に対しても、平和維持の侵害という請求が出来ません。
不貞行為による慰謝料は、この名目で請求しますから、既に、破綻しているものは侵害できず、尚且つ、破綻しているものを破綻に追い込むことは出来ないということです。
勿論、浮気以外の原因があるならば、可能でしょう。
但し、それは浮気の慰謝料ではないことを覚えて置いてください。
では、具体的な破綻の基準は、どういうものか。
これについては平成八年に最高裁判所が裁判で出しています。
勿論、これが全てではありませんが、理解しやすい基準として、次の三項目が挙げられています。
家庭内別居も含む別居状態であること、長期にわたるセックスレス関係、立証は難しいですが会話がない、など。
浮気が始まった当時に、既にこのような状況であった場合は、請求できないので注意しておきましょう。

関連記事: