男性は判断し難いです

実は、浮気されてしまった場合、パートナーからだけではなく、浮気相手にも慰謝料を請求することが出来ます。
浮気をした夫や妻、配偶者に対して、慰謝料を取ることができることは、ご承知の通りです。
それに加えて、浮気相手にも、その慰謝料を請求することが可能なのです。
但し、重要な点として一つ。
それが、「故意または過失」でなければならない限りは、その義務を負わなくても良いということになっています。
さて、では、故意または過失という事は一体、どういうことなのか。
法律的に故意というのは、自分で、それをする意志を持って、行ったことの事。
過失は、意志は無かったが結果的に行ってしまった事。
以上の点を踏まえた上で、それでは、この故意と過失が、どれほど重要なものであるのかを語っていきましょう。
不貞行為における、故意と過失というのは、つまり浮気相手が、独身ではないことを知ることということになります。
つまり、自分は男性、または女性にとって、法律的に浮気相手という立場になっていることを知らないという場合は、慰謝料を請求することが出来ず、また請求されても、支払う義務が生じないことになっています。
相手が既婚であることを知りつつ浮気していた、もしくは、少し注意すれば既婚であることがわかった場合に、この条件が成り立ちます。
但し、相手に故意・過失があったことは、慰謝料を請求する側、つまり夫であれば妻側、妻であれば夫側が立証しなければなりません。
この証明の難しさこそが、浮気相手に対して請求することを躊躇う原因の一つであるといえるでしょう。何せ、知らなかったのですから。
では、どうやって立証すれば良いのか。
例えば、相手に対して、既に既婚者であると漏らしていたりしているならば、簡単です。
しかし、既婚であることを誤魔化していたり、指輪などを外していたりすると、これは解らない。特に、男性は判断し難いです。
浮気相手の周囲で知っている人間がいるならば、それも十分知りえたということで、認められるでしょう。
いずれにせよ、これらの証明の煩雑さから、浮気相手に対して請求し難いのです。

関連記事: